2010年12月31日

素朴系ようかんの月影

【2010京都】#22
亀屋清永 月影
10.1230tukikage.jpg★★★☆☆

 伊勢丹京都で仕入れたようかん、"月影"。一人前にスライスされた小分けスタイル。クルミ入りで甘さ控えめ、上品で素朴な味。人気の品

 京都の記事は以上。

official
posted by nyony at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都デパ地下弁当を仕入れる

【2010京都】#21
野村佃煮 名物集め 清水 / 三味洪庵 焼鯖寿し
10.1230bento1.jpg
10.1230bento2.jpg★★★☆☆

 京都から東京への新幹線車内でつまむ弁当を伊勢丹地下で調達。さんざん吟味した挙げ句に選んだのは野村佃煮の"名物集め 清水"と、三味洪庵の"焼鯖寿し"。
 "名物集め 清水"はおかずがぎっしり詰まりお得感あるモノ。"焼鯖寿し"は程よい油感ある香ばしき一品

伊勢丹地下
posted by nyony at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏像オンパレの東寺

【2010京都】#20
東寺
10.1230toji1.jpg
10.1230toji2.jpg
10.1230toji3.jpg
★★★☆☆

 京都に来て一度は寺巡りせにゃあかんということで、"東寺"。東寺・五重塔と京都駅に入る新幹線の絵がらは京都を代表する風景。しかしこの寺、五重塔も素晴らしいが、なんといっても仏像群がすごい。有料エリアにある2つのお堂の中にぎっしりと詰まった歴史的仏像群。薄暗の堂内に浮かぶ神々しき仏像の荘厳なる風景に圧倒されるのみ

official
posted by nyony at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園で懐石ランチ

【2010京都】#19
花郷
10.1230hanasato1.jpg
10.1230hanasato2.jpg
10.1230hanasato3.jpg
10.1230hanasato4.jpg
10.1230hanasato5.jpg
★★★☆☆

 ホテルにあった冊子から京料理の店を物色して、ランチ利用。祇園のメインストリート、花見小路にある、"花郷"。食材は特別な物なく、繊細な料理、盛りつけで見目麗しき懐石料理。どれくらいのレベルの物かは分からんが、立地もよく雰囲気は味わえる

official

食べログ
posted by nyony at 10:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

西陣の町家小道、ハチミツ店

紋屋図子 & 京都西陣蜂蜜専門店 ドラート
10.1229dorato1.jpg
10.1229dorato2.jpg
10.1229dorato3.jpg★★★☆☆

 堀川通りを上立売通りまで上る。その西側はいわゆる「西陣」と呼ばれる地区に当たるのだろう、西陣小学校などが立つ。向かったのは町家小道の一つ、"紋屋図子"。このあたり、西陣の名の通りその昔、織物系で栄えた名残。
 その一角、奥行は余りない路地を行くと、何やらカラフルなフラスコが並ぶ店がある。ハチミツ屋の"ドラート"。国産、外国産のあらゆる花粉ごとに分類されたハチミツ。味見をさせてもらえば、それぞれに特徴を持つ味わい。漆黒の京町家にカラフルな色合いが並ぶ、一種独特の光景

食べログ

official
posted by nyony at 13:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都町なかの豪邸をめぐる

紫織庵
10.1229shiorian1.jpg
10.1229shiorian2.jpg
10.1229shiorian3.jpg
10.1229shiorian4.jpg
★★★☆☆

 外からはいくらでも眺めれられるが中は見れない京町家。しかし、たまに中を公開している町家があり、"紫織庵"もその一つ。江戸期は医院、大正時代に洋間を交えて改築。京都の町家は奥行が長く間口が狭い「うなぎの寝床」が特徴とされるが、ここは横幅も広く、ちょっとした豪邸。
 和装の美術館としても機能している古屋敷。洋間に和室がミックスした作りで、2階には祇園祭を見学するためのバルコニーもついている。

official
posted by nyony at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老舗のわび味、和菓子店

【2010京都】#16
亀末広
10.1229suehiro1.jpg★★★☆☆

 京都、老舗が多く並ぶ姉小路で、さらに古い風合いをかもす外観の和菓子店、"亀末広"。中に入れば、さらに古めかしい様子。ショーケースにはすすけた色合いの干菓子が並ぶ。まさしく老舗のわび・さびであるかな

食べログ
posted by nyony at 12:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味わいの手ぬぐい屋

【2010京都】#15
幸株式会社
10.1229saiwai1.jpg
10.1229saiwai2.jpg
★★★☆☆

 烏丸御池辺りを徘徊中に見つけた手ぬぐい屋、幸(みゆき)株式会社。さりげなく展示されている、オリジナル柄と思しき、手ぬぐいの数々。風流を感じる店

official
posted by nyony at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格式の店、和久傳の路面店

【2010京都】#14
紫野和久傳 堺町店
10.1229waku1.jpg
10.1229waku2.jpg
★★★☆☆

 京都の格式ある料亭、"和久傳"系列のテイクアウト品揃えた路面店。町家造りのシックな外観
 2階に和式カフェがあり、奥には料亭があると。ショーケースに宝石の様に飾られた菓子類、ちりめん山椒などの加工食。
 うち「古の実 くるみ」を調達するも、高級ゆえにもったいなくてなかなか試せない

official
posted by nyony at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

京都の朝のイノダコーヒ

【2010京都】#13
イノダコーヒ
10.1228inoda1.jpg
10.1228inoda2.jpg
10.1228inoda3.jpg
★★★★☆

 京都のメージャーコーヒーチェーン、"イノダコーヒ"。本店は四条烏丸から近い住宅街にある。以前にも1回来たことがあるが広い店内で居心地のいい空間。禁煙ブースは少々狭い。朝食セット「京の朝食」はスクランブルエッグ、ハム、ポテトサラなどの野菜にクロワッサン、オレンジジュース、コーヒーorティーで1050円。オーソドックスな内容だけど満足感ある内容。地元の常連に観光客風、親子連れなどと客層多彩な朝時間帯。クルミ入りのケーキも美味

official

食べログ
posted by nyony at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

至って家庭料理な居酒屋

【2010京都】#12
太郎屋
10.1227tarou1.jpg
10.1227tarou2.jpg
10.1227tarou3.jpg
10.1227tarou4.jpg★★★☆☆

 1日めの締めに再度、居酒屋。四条西洞院あたりにある、"太郎屋"。こじんまりとした、しかし奥に座敷があり、2階もありそうなので、結構キャパはあるか。店の人らは割と若者らで仕切られてる。カウンターに大皿。しかし時間も遅く、中身は少ない。京都らしい物を狙う。そんな雰囲気の物もあるががあまりそういったモノでない。お姉さんがたが寄り添って作った数々のおかず。これぞ「おばんざい」である。素人は「おばんざい」に軽い幻想を抱くだろうが、何のことはない「おばんざい」とは「おかず」のことであり、それ以上のモノはない。にんじんとごぼうの天プラでは、京ごぼうが太いの知る

食べログ
posted by nyony at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タダモノならぬ本屋

【2010京都】#11
恵文社 一乗寺店
10.1227keibun1.jpg★★★★☆

 四条河原町から懸案だった本屋見物に行くためバスで北上。「一乗寺下り松」バス停はぎりぎりでバスの一日券エリア外だった。そして目指す本屋、"恵文社"はバス停からはいささか遠し。しかし辿り着いて中を徘徊するすれば何とも魅惑の並び、飾り付けなので、驚く。これで、イスなどくつろぎスペースがあろうものなら、軽く一日は過ごせそうな充実したラインナップである。本屋といえど、ギャラリーのよな展示スタイルで、奥まった部分にはインテリアグッズ、作品展示などもされていて、程々アーティスティックな空間演出がされている。噂には聞いていたが、タダモノならぬ本屋

official
posted by nyony at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなどるなかれ千枚漬

【2010京都】#10
村上重本店
10.1227murakamijyu1.jpg
10.1227murakamijyu2.jpg
★★★☆☆

 四条河原町辺りの繁華街にひっそりと、しかしたいそう重厚な作りの漬け物屋、"村上重本店"。店内に漬け物がずらり展示、配送受付カウンターなど。自宅に送って試せば、名品「千枚漬」、これまで味わったことのない何とも味わいのある漬物。京野菜の聖護院かぶらを独特の製法でつけ込んだものと。天保年間(1830〜1843)宮中に供したのが始まりで今に受け継ぐと。老舗のグレイトな味

official

食べログ
posted by nyony at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

観光仕様のよそよそしさ

【2010京都】#9
先斗町
10.1226ponto.jpg★★★☆☆

 祇園側から鴨川を隔てた繁華街、先斗町(ぽんとちょう)。細道に日本家屋の飲食店、お茶屋さん?が連なり、石畳の通りが雨に濡れ、これまた風情ある通り。
 三条側から四条方向に下る。雨が降り、時間も早めゆえか、行き交う客は外人含め観光客がほとんど。風情はあるのだが、どこかテーマパークのようでよそよそしい。

先斗町のれん会
posted by nyony at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名物女将のいる地元居酒屋

【2010京都】#8
伏見
10.1226husimi1.jpg
10.1226husimi2.jpg
10.1226husimi3.jpg
10.1226husimi4.jpg★★★☆☆

 京都の夜、目当てだったとある居酒屋が満席でふられ、祇園を上がり三条通り沿いの"伏見"へ。こってりと地元仕様の居酒屋なので、入るのに勇気いるが入ってしまえば何のことはない普通のカウンタータイプの居酒屋。味のある女将さんがせわしなく場を仕切りバイト風の兄さんがこまめに客をさばく。肴は魚主体で旬の物が一皿にボリューム多めで揃い満足感あるメニュー。ビールは生はなく、サッポロラガー。早い時間に入り常連さんが続々入ってくるのをみて過ごす。観光客風情には完全アゥエーとなるが、アットホームで雰囲気良し

食べログ
posted by nyony at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園の雅な風情

【2010京都】#7
祇園界隈
10.1226gion1.jpg
10.1226gion2.jpg
10.1226gion3.jpg★★★☆☆

 京都の風情を集積した様な町並みが揃う祇園界隈。夜な夜な宴が繰り広げられる茶屋が並び、昼間通れば、時折三味線の音など聞こえ風流。しかしポッと来たよな観光客には敷居が高い雰囲気かもす。

京都祇園観光案内
posted by nyony at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

アーティスト集積路地

【2010京都】#6
あじき路地
10.1225a1.jpg
10.1225a2.jpg
★★★☆☆

 京都、路地めぐりでは、特に工芸などの若手アーティストが集積した長屋があることで知られる所。店頭販売は土日営業のため、平日では店内を見れない。しかしたたずまいは見事な町家造り
 カバンなどの革工房、照明、手作りパン屋などある

official
posted by nyony at 12:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南座向かい丹波屋のだんご

【2010京都】#5
丹波屋 四条南座前店
10.1225tanba1.jpg
10.1225tanba2.jpg
★★★☆☆

 南座観劇。歌舞伎は昼の部だったので、昼飯は館内の弁当を調達しようとしたのだけど、高額にて断念し、近くをうろついていて発見しただんご屋、"丹波屋"。関西圏では相当店舗数の多いチェーン店と聞く。おはぎがメインらしいが、店頭で熱々に焼かれた「天焼」という名のあんこ入りだんごと、みそだんごを調達。もっちりとボリューム感ある味わいのだんご達

official

食べログ
posted by nyony at 12:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌舞伎発祥の地、南座

【2010京都】#4
南座
10.1225minami1.jpg
10.1225minami2.jpg
10.1225minami3.jpg
★★★☆☆

 南座にて歌舞伎観劇。京都、冬の風物詩、顔見世興行。海老蔵休演で話題になり代役担った仁左衛門、愛之助それぞれ好評を博し公演中。
 →観劇内容は別記事

 南座は、豊臣秀吉統治の頃、出雲の阿国がかぶき踊りをし始め歌舞伎が発祥した四条河原に所在。江戸時代、芝居小屋はここいらに7座あったらしいが、明治時代までに北座、南座が残り、のちに北座が廃絶しこの南座が唯一残ったと。
 外観古めかしく趣きある和風建築。中も壮観だが、こちらは最近改装したであろうすすけた感じなくキレイな内観

official
posted by nyony at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

錦小路にて庶民感覚

【2010京都】#3
錦小路
10.1224nishiki1.jpg
10.1224nishiki2.jpg
10.1224nishiki3.jpg★★★☆☆

 図子めぐりとは違うが、南座までの歩きで"錦小路"を使う。京都随一の食系買い物ストリート。朝時間帯ゆえに開店前の準備作業の店が多かった。観光向けだが、通常の地元の人も使っているであろう庶民感覚もある。漬け物屋やら卵焼き、練り物、魚焼き、和菓子などなど。京野菜、黒豆の専門店らしき店もあり郷土の色がそこかしこでうかがえる

official
posted by nyony at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の細道、図子を行く

【2010京都】#2
膏薬図子
10.1224koyaku1.jpg
10.1224koyaku2.jpg★★★☆☆

 その日宿泊のホテルに荷物を置いて、近くにある路地巡り。今回の京都行きの目的。1に南座、歌舞伎の顔見世興行、2に路地めぐり。
 路地めぐりとや、市内に張りめぐらされた碁盤の目の様な道路、それらをタテヨコでつなぐ細い路地、「図子(ずし)」と呼ばれる市井の道、町や風情ただよう古き町並みを訪ねる趣向。NHKで放送してた『京都・丸竹夷にない小路』で幾つかの「図子」が紹介されていて、それの影響。

 その一つめ、"膏薬図子(こうやくのずし)"は四条通りと綾小路通りをつなぐ細道。まるきり観光用ではない普通の生活の道ゆえに余り時間をかけてうろうろはできない。サッと一度通るのみのものだろう。町家造りの味わいある通りは京都の粋を伝える風格がただよう。"膏薬図子"の名は、平安中期の僧、空也にちなみ「空也供養」が語源で「膏薬」に訛っていったと

京都まにあ
posted by nyony at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

京都駅の威容

【2010京都】#1
京都駅
10.1223kyotoeki.jpg★★★☆☆

 2010年12月半ば、1泊2日京都巡りの記事を幾つか。

 新幹線で京都へ。JR東海系のポータルサイトで格安ツアーを狙っての今回。行きはのぞみだが、帰りはこだま。
 大伽藍を思わせる京都駅の威容。そしてその時平日朝ゆえに通勤通学のせわしなき日常が流れる駅構内、そして駅前バス乗り場。観光客を寄せ付けぬ様なつかの間の時間

JR東海ツアーズ
posted by nyony at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

京都のデパ地下弁当

【京都】三味洪庵「平安弁当」など
09.0828kyouben1.jpg
09.0828kyouben2.jpg★★★☆☆

 京都から東京への帰路用に弁当、駅ビル伊勢丹地下食品街で仕入れた弁当2種。ちりめん山椒が専門の店、"三味洪庵"のもの。京風仕込みな高級志向弁当

 「平安弁当」はメシ、おかずに別れた2段重ね。おかずは焼き鯖、煮蛸、海老、合鴨ロース、鶏照焼きほか、絹さや、椎茸など。メシはかやくご飯に白飯ちりめん山椒のせ。

 「銀だら味噌漬弁当」は銀だら西京焼(本場京都の西京味噌仕立て)をメインに、さつま芋、エビ天、なす田楽、レンコン、ししとうなど。

 北陸・関西ツアーの記録は以上。

official
posted by nyony at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

京都の路面電車、嵐電

【京都】京福電気鉄道
09.0827randen.jpg
★★★☆☆

 古都、京都を走る路面電車、京福、通称「嵐電」。路面電車といえど、車道と併用の軌道は一部のみ。くすんだ緑色の車体が古い街になじむ。
 北野天満宮にほど近い北野白梅町駅、嵐山駅、四条大宮駅、三つの終着駅を結ぶ路線
 行った当時、[ゲゲゲの鬼太郎]タイアップの妖怪電車「化け電」が運行中だった。「ゲゲゲの鬼太郎」、方々で色々と取り上げられてますな

official
posted by nyony at 07:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の天神さんをいく

【京都】北野天満宮
09.0827kitano1.jpg
09.0827kitano2.jpg
★★★☆☆

 京都北側、金閣にもほど近い所にある、"北野天満宮"、通称「天神さん」。菅原道真がまつられ、学問・芸能の神様として名高いらしい
 一の鳥居から本殿まで長い参道。ここにはいくつかの牛の像があり、鉄で出来てるものなどはなでられる所が妙に金ぴかに輝く。梅が多く植えられており、8月頭に訪れた時は大量に梅が天日干しされてた
 その昔、歌舞伎の始祖、出雲の阿国がまずここに訪れて境内で念仏踊りを披露したことにより阿国の踊りが脚光を浴びるようになったといわれてる、と

official
posted by nyony at 07:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

川床は雨で中止の悲劇かな

【京都】貴船 ひろ文
09.0826kihune1.jpg
09.0826kihune2.jpg
09.0826kihune3.jpg

★★★☆☆

 京都の奥座敷、貴船で「川床」をしゃれ込もうとするも雨で床は中止。8月前半は天気が不安定で案の定、雨にやられた。雨男の本領発揮。京都会席もいいが、まるっきり台無しの惨事。だったのだが、料理は極めて上品、上等なモノたち。
 "ひろ文"は貴船でも上流に位置し規模も大きそうなので選んだのだが、後でちょいとのぞかしてもらったその日の"ひろ文"の床は雨でぐしょぐしょに濡れた悲しい姿を見せてた。
 それにしてもこの貴船の狭い道での車の行き来がせわしない。道路際で各店の人々が協力し声を掛け合い怒鳴り合いして交通整理し、これはこれで見物であるが、優雅さとは逆方向

official

食べログ
posted by nyony at 11:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

なにわの市街、住宅街をいく路面電車

【大阪】阪堺電車
★★★☆☆

 大阪唯一の路面電車、"阪堺電車"。市街南部、天王寺、または恵比須町を起点にして南に向かい、途中の住吉駅で合流、堺市に突入後南進、浜寺駅前が終着。
 大阪の大都会から下町風の住宅街をゆき、途中は車道との併用路線と電車専用路線が入り交じっていて、車窓の変化がイイ感じで楽しめる路電

official
posted by nyony at 10:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駅弁さば寿司、味も良し

【福井】高野商店 焼さば寿し
09.0825yakisaba.jpg★★★☆☆

 サバも程よく脂がのり味覚もいい具合に保存され、想像以上にヒットだった「さば寿司」。酢飯ブロックに焼きサバがぴたりと貼付けられた一品。切れ目が入っているので食べにくさはない。
 実のところ、翌日の始発電車に乗るため前の晩に駅弁を仕入れようと思ったら売店で賞味期限的に翌日まで持つものがこれしかなかったために仕入れたのだが、賞味期限が長いというのも新鮮味と保存料のことから味の期待は出来なかったのだが、まったくそんな不安を感じさせない仕立てだった。まあ酢メシということもあるのだろう。念願の「さば寿司」体験、初回は好感触

official
posted by nyony at 10:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

柔らかウマしのソースカツ丼

【福井】ヨーロッパ軒総本店
09.0824yo-roppaken.jpg★★★☆☆

 元祖「ソースカツ丼」で知られる店。ウスターソースの漬けダレによるソースカツ丼は最近別の店で試していたのだが、比べると段違いのウマさある。カツは肉も衣もきめ細かくて柔らかい。味覚は甘みがありほのかなスパイスのアジも効いて、上等な部類の逸品。
 福井の繁華街に立地する本店は、わりと何気ない定食屋のような雰囲気だがモノは最高

official

グルメGyaO
posted by nyony at 09:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井で焼き鳥、秋吉

【福井】秋吉 福井片町店
09.0824akiyosi.jpg★★★★☆

 福井グルメでは意外に焼き鳥がメジャー。その総本山とも呼ばれる存在の「秋吉」チェーン。繁華街のまっただ中に立地の福井片町店は内装が近代的かつ活気充満。木炭で焼かれる焼き場、厨房、洗い場などを取り囲むようにカウンターがあり、注文したものは焼き上げられると客の目の前のステンレスののせ台にのせて客に出されるしくみ。焼き鳥は5本づつが1セット。女性受けが良さそうな小振りなサイズの焼き鳥。店員のホスピタリティといい清潔感といい全体のシステムに感動してしまう焼き鳥店の進化系。こんなの東京にあったら、受けるだろうな、と思ってたら、すでに都内に10店舗進出していると。

official

食べログ
posted by nyony at 09:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

福井の繊細和菓子、羽二重餅

【福井】錦梅堂 羽二重餅
09.0824habutae.jpg★★★☆☆

 福井名産の和菓子「羽二重餅」。羽二重餅を扱う店は何軒かあるようだが、繁華街に立地の錦梅堂のものをチョイス。創業150年を超える老舗で趣きある外観。店前で子供を遊ばせたりしていて家庭的なムードもしのばせる。売り場のすぐ奥が菓子の製造場になっているよう
 羽二重餅はあん入りとあんなしの2種。うち、あん入りはコッテリした甘さの白あんを繊細な餅でくるんだ、緑茶にベストマッチングしそうな逸品。少々甘みが強いか

MAPPLE
posted by nyony at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

越前おろしそばのメジャー店

【福井】つるきそば 佐佳枝支店
09.0823etizen.jpg★★★☆☆

 福井名物「越前おろしそば」をカジュアルに味わうにふさわしのメジャー店。朝は8時から、深夜は1時半まで開店で地元に人に愛される店。
 「越前おろしそば」は文字通り、そばを大根おろしの入っただし汁で味わう趣向の品。この店では麺とつゆが別で、もりそばのようにしておろし入りのだし汁に付けて味わうスタイル。麺は手打ちの自家製麺でコシもありおろし入りのダシとのよく合い旨味ある一品。

食べログ

そばびと
posted by nyony at 09:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

福井の街の路面電車

【福井】福井鉄道 福武線
★★★☆☆

 福井のまちをゆく路面電車、"福武線"。
 JR福井駅前から北へ短く伸びる支線と、福井市街から武生まで東西に伸びる路線がT字で交差し、車道をはしる併用部分は福井市街地のみで、専用軌道の部分が長い。白、青、緑のカラーリングの電車がほとんどで、たまに真っ赤なコカコーラの広告電車が走る。車内は幾分狭く、混んでくると乗客同士密着感ある。武生へ西に向かう間は水田広がる広々した風景楽しめる

official

関心空間
posted by nyony at 10:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

押し寿司の詰め合せテイクアウト

【金沢】芝寿し
09.0821kanazawa_siba.jpg★★★☆☆

 金沢駅で調達した駅弁は「芝寿し」なる押し寿司の詰め合せ。笹で巻かれた押し寿司がビッチリつまり、ネタ数種類。カニにアジ、タイなどと高級品ばかりで420円とお買い得

official
posted by nyony at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

威容構える金沢ステーション

【金沢】金沢駅
09.0821kanazawa.jpg★★★☆☆

 金沢駅は乗り換えのみで滞在は数10分。わずかな時間駅前を歩けば、その巨大かつ重厚な駅舎に少し驚く。大げさ過ぎ
 2005年に完成のガラス製ドーム、その突端には木製の巨大で図太い鳥居のようなオブジェクト「鼓門」が鎮座し来るものを威圧する

posted by nyony at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。