2011年01月18日

あなどるなかれパック酒

沢の鶴 米だけの酒
11.0117sawano.jpg★★★☆☆

 正月用の酒としてご近所スーパーで仕入れたパック酒、"米だけの酒"。余りこの手のパックものは試したこと無かったが、純米酒、ということもあって初トライ。全く悪くないマイルドで味わいも深く、ウマい。灘の蔵元。名水百選の名水が使われていていい具合な酒

official
posted by nyony at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

甘みの効いたご当地ワイン

三鷹キウイワイン
10.1028kiwi.jpg★★★☆☆

 三鷹が誇る名産品のキウイをベースにした地産ワイン。すでに24年の歴史を数えると。ラベルにあるキャラクターは三鷹のキャラクター「Poki」。鳥のキーウィをイメージしたものかは知らぬ。
 当のワイン、キウイ仕立ての酸味もあるが、どちらかというと甘みが効いて飲みやすいといえば飲みやすく、料理には合わせずらかったりもする

official
posted by nyony at 09:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

神津島のレアもの島焼酎

神津島酒造 神の詩
10.0330kami.jpg★★★☆☆

 当初、島焼酎ゆえのガツンとくるクセのあるものを期待していたが、割と上品でフルーティな味覚で拍子抜け。しかしこれはこれで何とも洋風な、スコッチをやってる様な質感。
 伊豆七島、神津島産の麦焼酎「神の詩」。神津島島内では手に入らないというレアな代物と。熟成樽は通常ワインで使うオーク樽を使用、ほのかな樽香りもあり上等
 蔵は「盛若」で知られる"神津島酒造"。下田の老舗酒屋、土藤商店にて購入。

official
posted by nyony at 09:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

東京の地酒も旨し

石川酒造 多満自慢 山廃純米原酒
10.0105tamajiman.jpg★★★☆☆

 東京、福生にある酒蔵、石川酒造の純米酒。2年寝かせてから出荷の熟成酒、ゆえ豊かで濃厚。料理に合う酒の逸品。東京にも実力の地酒はある
 酒蔵には"ビール小屋"なる洋食店やそば屋などがあると。出来立てが料理とともに味わえる趣向

official
posted by nyony at 09:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

手軽にウマい越後酒

雪椿酒造 越乃雪椿
09.1219yukitsubaki.jpg★★★☆☆

 近所のスーパーで調達の純米吟醸酒、"越乃雪椿"。わりとお手軽プライスで純米吟醸、味も意外にしっかりしていて近頃ではアタりの日本酒。新潟県の中央、加茂市の酒蔵産

official
posted by nyony at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ボジョレーヌーボ、当たれば当たる

ポール・デュルディリ ボジョレー レ・グランデ・コーセ
09.1206GrandesCoasses.jpg★★★☆☆

 ボジョレーヌーボ解禁。は1ヶ月前だったか。そんな折、店頭に一部人だかりが出来ており、その勢いで仕入れたワイン、ボジョレーヌーボの「レ・グランデ・コーセ」
 普段飲み付けてないので、どうにも区別のしようがないのだが、そこそこの値段のもの(2,250円位?/吉祥寺の三浦屋で)だったので、ウマい気はする。いや充分な豊饒感。甘みに走らず、渋みもきつくなく上品で、多少なりとも濃厚サは感じられる。良さげなワイン

三浦屋 ロンロン店
posted by nyony at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

冴え渡る旨味の芋焼酎

西酒造 富乃宝山
09.1110tomino.jpg★★★★☆

 ブランド芋焼酎としてメジャー銘柄の"富乃宝山"。値段は少々高いがウマさは別格。臭からず上品な面持ち。口当たりもまろやかでまさしく豊饒のしずく。和食、こと刺身に合いそうなきりりと澄んだ味わい。まあ値段相応の上等さ

official
posted by nyony at 07:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

スーパーで買う伏見の酒

京姫酒造 山田錦大吟醸 匠
09.0924kyouhime.jpg★★★☆☆

 近所のスーパーの日本酒コーナーでパッケージに一目惚れして購入、京都伏見の酒。山田錦100%使用で大吟醸、しかも京都/伏見とくれば文字面の破壊力はある
 米由来のほのかなの香りはフルーティできりりとしまりある飲み口。雑味は多少あるが、コストパフォーマンスで言えば問題ないレベル

伏見酒造組合
posted by nyony at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

ヒキしまった旨くち、真澄

宮坂醸造 真澄
09.0918masumipretz.jpg★★★☆☆

 信州、諏訪の地酒、「真澄」のカップ酒。先月半ばの諏訪湖花火大会の時に駅前の百貨店で購入。花火をみながらちびちびいこうと目論むも、雨に降られた花火大会。自宅に持ち帰り呑んでみると、これまた旨い代物。甘口らしいのだが、その頃連続して呑んでた北陸の酒「立山」の甘さにやられてた口には、相当ぴりりとヒキしまった辛口な感覚おぼえた

official
posted by nyony at 14:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

奄美の黒糖焼酎、朝日

朝日酒造 朝日
09.0830asahi.jpg★★★☆☆

 奄美諸島特産の焼酎、「黒糖焼酎」では都内でも市販されるポピュラーな銘柄。島の焼酎とはいえ沖縄の「泡盛」に比べればあまり「くせ」がない。どちらかといえば、鹿児島の芋に近い舌触り。黒糖由来のほんのりとした甘みが南国ムードをしのばせる。香りもやはりほのかに甘い

喜界島ドットコム
posted by nyony at 09:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

紅芋でつくった季節限定の宝山

西酒造 紅薩摩宝山
09.0706houzan-.jpg★★★★☆

 芋焼酎の名品「富乃宝山」で知られる"西酒造"の季節限定品、『紅薩摩宝山』。
 紅芋を原料にし、香り豊かにしてフルーティ。そして甘い。旨味のある甘さ。切れ味も良くて。そうとうお得感ある芋焼酎。水割りではなく、ロックでいきたい豊饒感
 6月に50000本限定生産と

official
posted by nyony at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

加賀発、粋な酒。加賀鳶

福光屋 加賀鳶
09.0623kagatobi.jpg★★★☆☆

 吉祥寺ロンロン内の酒屋、三浦屋で大プッシュの酒、加賀鳶を小瓶でお試し。
辛口の仕立てでスッキした飲み口。純米の旨味も効いて使い勝手の良さそうな味
 歌舞伎の演目にもある「加賀鳶」。今年5月の歌舞伎座でも演られたばかりでタイムリー。加賀藩江戸屋敷お抱え火消しの「加賀鳶」の心意気をイメージしたという粋な酒

official
posted by nyony at 10:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

モルツに近づいたか、一番搾り

キリン 一番搾り
09.0622kirin.jpg★★★★☆

 麦芽100%に生まれ変わって今年3月にリニューアルした「一番搾り」。味にまろやな旨味が加わってこれまでとはおもむきの違う一番搾り。同じく"麦芽100%"を売りにする「モルツ」の味に近づいたような気もするが、とりあえず自分の好みの方向へ来たのには間違いがない。
 「一番搾り」はマチバの飲み屋ではあまり出会うことがないが、今回のリニューアルで少しは増えてくるか…

official
posted by nyony at 10:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

糖質オフでもしっかりテイスト

サントリー 豊か/YUTAKA
09.0621yutaka.jpg★★★☆☆

 サントリー6月リリースの発泡酒の新定番、"YUTAKA"をお試し。
 高級玄米使用でビールテイストな香ばしさを実現?。「糖質50%オフ」ということで薄さを心配するも遜色なくいい線イケてる。何回か飲んで体調にもよるが、糖質オフの薄味な部分はしっかりした味わいでカバーできてる。サントリーのビアテイストの新顔では「ザ・ストレート」に続きヒット

official
posted by nyony at 10:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

アサヒの新プレミアムライン

アサヒ ザ・マスター
09.0616master.jpg★★★☆☆

 アサヒがプレミアムビールの新商品リリースで、"ザ・マスター"。黒ビールをのんでいるかの豊かなコクある飲み口で相当なウマさ。麦芽100%で雑味なし。
 アサヒは「スーパードライ」を好まぬゆえ、最近ノーケアだったが、もともと「スーパードライ」が出る前のアサヒの瓶はマイルドで結構好きだった。

official
posted by nyony at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

日本酒スタンダード、上善健在

白瀧酒造 上善如水
09.0615jozen,jpg★★★☆☆

 日本酒といえばまず先に思いつくブランド、"上善如水(じょうぜんみずのごとし)"。久々に店で買ったらボトルがオシャレになってる。フランス製のグラスを思い起こさせるカッティングのボトル。味も相変わらずフルーティで日本酒ワインと思しき上品さで、どこか懐かしい味
 今では1ヶ月ごとに違うテーマで作った"12ヶ月の上善如水"もあり、健在と

official
posted by nyony at 09:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

泡盛の名品、「青龍」の深み

瑞泉酒造 青龍
09.0529zuisen.jpg★★★★☆

 上等泡盛の馥郁たる香りに古酒ならでは深みある味わい。ちょいと贅沢な気分にひたれる名品。都内スーパーでもたまに見かける。今回は吉祥寺ロンロン内の三浦屋で発見
 那覇、首里城に近い酒蔵、瑞泉酒造の代表的銘柄の一つ「青龍」。15年ものの古酒をベースに7年ものをブレンドした逸品
 05年全日本酒類コンクール、泡盛部門で1位受賞

瑞泉酒造
posted by nyony at 08:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

最近のハウス芋焼酎

蔵の神(白麹)
09.0504kuranokami.jpg★★★☆☆

 鹿児島の蔵元、山元酒造の芋焼酎、"蔵の神"。最近の家のみ芋焼酎。普通のスーパーで購入
 芋の穏やかな臭みを残しつつ、滑らかな味わいで水割りにしても弱くならないしっかりした作り

official
posted by nyony at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

サントリーの金麦に続くヒット

サントリー ザ・ストレート
09.0430straight.jpg★★★☆☆

 発泡酒系では「金麦」「麦とホップ」につぐ個人的大ヒットな"ザ・ストレート"。
 こうなるともうビールに近いのは当たり前。あとはどこまで旨味を出せるかのグレードの高いせめぎ合い。ビールでいえば個人的には、スタンダードなグレードで「モルツ」イチオシ派なのだが、発泡酒系でもサントリー製に好みが多い。まるで業務上にからみがある訳でないのだが、サントリー、いい仕事してる

official
posted by nyony at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

キリンラガー、本来の味がして

キリン 明治のラガー 大正のラガー
08.1222meijilager.jpg★★★★☆

 キリン、限定醸造の復刻版、2種登場。明治と大正それぞれの時代のものを再現、ラベルも当時のものを使用していると。
 『明治のラガー』はまさしく、これぞキリンラガー特有の苦みが効いてる。子供の頃親父の飲み終わりのコップの残り汁をすすって感じた大人の味。個人的にビールの苦みの原点の味なのだな。まるでうまい
 大正の方は明治で感じた苦みのインパクト薄く、マイルドな方向。
 この企画、限定でなくレギュラー発売希望す

official
posted by nyony at 10:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

新しいタイプの苦味

キリン・ザ・ゴールド
07.0321kirin.jpg
★★★★☆


 キリンが新発売したビールを早速試してみた
 味わったことのないテクノな苦味が新鮮に感じた。かなりいい

 しっかりビールの味がする
 あたりまえだが、キリンラガーで感じるすっぱみがなく、なにげにクラッシックラガーを思い起こさせるよな「苦味」が才気走った感覚。しかもその苦味は新感覚
 「隠し苦味」とパッケージに銘打たれてるが、このことか。
 オフィシャルを見ると、「通常の苦味とは別に、穏やかで感じにくい苦みが存在」とある
 穏し味的な苦味が、この新感覚のミソなのだろか

 「ハウスビールはモルツ」の時期から今は捜索期にさしかかり、発泡酒ながら「サッポロ”雫”」がこのところの定番化しようとしてたが、これも充分いい線いってる
posted by nyony at 11:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

不覚にもハマりそうな甘チューハイ

キリンビール&永昌源 杏露酒あんずソーダ
0716shinruchu.jpg★★★★☆

 甘くてうまいし、メシ前アルコールでも全然いけちゃう甘系缶チュウハイの新顔。杏露酒のソーダ割。甘味が強くて感覚として酒のイメージはないが、味がいい。なにげにチャイニーズテイスト
 モデルの香里奈出演のCMが出稿しまくしりの影響ではないのだが、行きつけのスーパーに積まれてて、思わず購入。これが当たった
 新しいの出たと聞いては、たまに試してみるここらの甘チュウハイ。いつもだととてもメシ前に呑めるシロモノじゃないのだが、これはイケる、との印象。はまるかも
posted by nyony at 12:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

MALT'Sニューパッケージ

SUNTORY MALT'S
0602malts.jpg★★★★★

 モルツがパッケージリニューアルした(二月位経ったか)。味はどこまで変わったのか判らない。一段とうまくなった、というよりは、アイも変わらず深い味わい。
 最近、私的経費削減から焼酎がスタンダードになってしまってたが、焼き物ビアマグをもらって以来にわかに家ビール復活。ビールといえば"モルツ"が定番。このところ10年近く家ビールはモルツ一本。陶器マグのほどよい泡立ちでモルツの深い味わいが120倍楽しめる寸法。小さな幸せなのだが、大なる味わいなのである
posted by nyony at 11:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

しっかりした"芋"の感覚

田崎酒造 七夕
0911tanabata.jpg★★★☆☆

 最近、スーパー、コンビニで軒並み置いてある芋焼酎"七夕"。価格スタンダードレベルながら、しっかり"芋"の感覚味わえて飲みやすきコンビニ芋焼酎。

 蔵は本番薩摩、創業1887年田崎酒造。『七夕』の名は地元日置郡につたわる七夕に行われる踊りに由来。七夕飾りのついた花笠をつけた太鼓踊り他、虎、牛とかの張り子で戦いを演出するなど華やかな祭りらしい。

 蔵付き酵母、白麹造りで良質な芋と水によりはぐくまれた芋焼酎。
posted by nyony at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

日本酒でワインな味覚

彩葉 球磨焼酎(深野酒造
0806saiba.jpg★★☆☆☆

 芋焼酎にはまってるものの、たまにはの路線変更で米焼酎。実は熊本土産でもらった球磨焼酎"彩葉"。一口目、純度のある日本酒。米からできてるんで方向性一緒。ワインのようなフルーティさもやや兼ね備え、焼酎の感覚は薄いか。アルコール味が強く、芋の様にくっきりとした「味」がないんで、体調によってはちときつい。あと肴も限定される感じ。グレープフルーツなんかでわるといいのかも。
 九州にあって熊本は焼酎でいうなら、芋でもなく、麦でもなく、米だそーだ。なぜ?
posted by nyony at 10:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

ハマるうまさのシソ味焼酎

鍛高譚
0701tantaka.jpg★★★☆☆

 居酒屋でよく見かけるシソ焼酎『鍛高譚(たんたかたん)』(合同酒精)。北海道白糠産の赤シソ使ってフルーティな香り広がるショーチュー、なんだけど、なにぶんシソ味が強い。だもんで肴を選ばにゃ、合わん肴も出てくるテイの特殊なショーチュー。ショーチューというよりはワインの感覚。家飲みで習慣付くと意外とハマるうまさがある。
 「タンタカ」はアイヌ語でカレイのことで、海底に棲むカレイが濁った海水から魚たちを救うために川上りをして万能の薬、紫の草(シソ)を取ってきた─なんていう北海道の民話からネーミングが取られたというメルヘンチックな背景も味のうち。パッケージにはそんな話がイラスト化されてたりする。旭川の酒蔵で製造
posted by nyony at 11:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

"SUPERDRY"の天下続く

ASAHI SUPERDRY
0601superdry.jpg
★★☆☆☆

 ビール市場じゃ相変わらず"SUPERDRY"の天下が続いてるようで、ちまたじゃあ何かとこれに出会う機会が多い。"MALT'S"派としては歯がゆい限りの世の中。
 "SUPERDRY"がまだ世に出ぬ時、ビール初心者の身としてマイルド系のASAHIの味がなんとも心強かったりもしたが、"SUPERDRY"だけはいまだなじめず。なにしろビールの味より炭酸味が強すぎな感覚強い。自分の中じゃここ数年"MALT'S & EBISU"as NO.1なもんで味の面では対極にある"SUPERDRY"に変な抵抗感も感じてたりする。それでも場末のラーメン屋で夜な夜な"SUPERDRY" on the ひやたんグラスの展開も全然悪くないわけで。基本っていやあ基本のジャパニーズビール
posted by nyony at 01:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

I LOVE MALT'S

SUNTORY MALT'S
0503malts.jpg★★★★★

 家ビールはモルツ。何つーか一番ビールの味がする。ビールの味って人それぞれだろうけど、自分、傾向としてはモルツだし、あとはエビス、ギネス。コク系が好みだったりして、スーパードライ系統は好まん傾向。炭酸の味しかせんような気がする。
 4水系は全く区別がつかない。ってか区別付けられる人がいるのかどうか
posted by nyony at 03:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

キレイな赤ボトルにつられる

海童
0425kaidou.jpg★★★★☆

 はまりだすととまらんようになる芋焼酎。
赤いボトルがまぶしくも鮮烈な『海童』(濱田酒造=鹿児島県串木野市)。赤いボトルのショーチューが果たして見た目うまそうかどうかはさておき、ついつられてしまう程キレイなボトル。
 フワッとフルーティな香りただよい、シンプル&ストレートな味わい。日本酒にすれば『上善如水』のような今風のノリなのか、飲みやすい。これって初心者むき?黒麹仕込みで海洋深層水を使ってるのが特徴らしいが、それがどう味にでてるかはわからん。
 HPは凝りまくりの超豪華フラッシュサイト
posted by nyony at 08:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SAKE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。