2010年12月31日

素朴系ようかんの月影

【2010京都】#22
亀屋清永 月影
10.1230tukikage.jpg★★★☆☆

 伊勢丹京都で仕入れたようかん、"月影"。一人前にスライスされた小分けスタイル。クルミ入りで甘さ控えめ、上品で素朴な味。人気の品

 京都の記事は以上。

official
posted by nyony at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都デパ地下弁当を仕入れる

【2010京都】#21
野村佃煮 名物集め 清水 / 三味洪庵 焼鯖寿し
10.1230bento1.jpg
10.1230bento2.jpg★★★☆☆

 京都から東京への新幹線車内でつまむ弁当を伊勢丹地下で調達。さんざん吟味した挙げ句に選んだのは野村佃煮の"名物集め 清水"と、三味洪庵の"焼鯖寿し"。
 "名物集め 清水"はおかずがぎっしり詰まりお得感あるモノ。"焼鯖寿し"は程よい油感ある香ばしき一品

伊勢丹地下
posted by nyony at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏像オンパレの東寺

【2010京都】#20
東寺
10.1230toji1.jpg
10.1230toji2.jpg
10.1230toji3.jpg
★★★☆☆

 京都に来て一度は寺巡りせにゃあかんということで、"東寺"。東寺・五重塔と京都駅に入る新幹線の絵がらは京都を代表する風景。しかしこの寺、五重塔も素晴らしいが、なんといっても仏像群がすごい。有料エリアにある2つのお堂の中にぎっしりと詰まった歴史的仏像群。薄暗の堂内に浮かぶ神々しき仏像の荘厳なる風景に圧倒されるのみ

official
posted by nyony at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園で懐石ランチ

【2010京都】#19
花郷
10.1230hanasato1.jpg
10.1230hanasato2.jpg
10.1230hanasato3.jpg
10.1230hanasato4.jpg
10.1230hanasato5.jpg
★★★☆☆

 ホテルにあった冊子から京料理の店を物色して、ランチ利用。祇園のメインストリート、花見小路にある、"花郷"。食材は特別な物なく、繊細な料理、盛りつけで見目麗しき懐石料理。どれくらいのレベルの物かは分からんが、立地もよく雰囲気は味わえる

official

食べログ
posted by nyony at 10:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

西陣の町家小道、ハチミツ店

紋屋図子 & 京都西陣蜂蜜専門店 ドラート
10.1229dorato1.jpg
10.1229dorato2.jpg
10.1229dorato3.jpg★★★☆☆

 堀川通りを上立売通りまで上る。その西側はいわゆる「西陣」と呼ばれる地区に当たるのだろう、西陣小学校などが立つ。向かったのは町家小道の一つ、"紋屋図子"。このあたり、西陣の名の通りその昔、織物系で栄えた名残。
 その一角、奥行は余りない路地を行くと、何やらカラフルなフラスコが並ぶ店がある。ハチミツ屋の"ドラート"。国産、外国産のあらゆる花粉ごとに分類されたハチミツ。味見をさせてもらえば、それぞれに特徴を持つ味わい。漆黒の京町家にカラフルな色合いが並ぶ、一種独特の光景

食べログ

official
posted by nyony at 13:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都町なかの豪邸をめぐる

紫織庵
10.1229shiorian1.jpg
10.1229shiorian2.jpg
10.1229shiorian3.jpg
10.1229shiorian4.jpg
★★★☆☆

 外からはいくらでも眺めれられるが中は見れない京町家。しかし、たまに中を公開している町家があり、"紫織庵"もその一つ。江戸期は医院、大正時代に洋間を交えて改築。京都の町家は奥行が長く間口が狭い「うなぎの寝床」が特徴とされるが、ここは横幅も広く、ちょっとした豪邸。
 和装の美術館としても機能している古屋敷。洋間に和室がミックスした作りで、2階には祇園祭を見学するためのバルコニーもついている。

official
posted by nyony at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老舗のわび味、和菓子店

【2010京都】#16
亀末広
10.1229suehiro1.jpg★★★☆☆

 京都、老舗が多く並ぶ姉小路で、さらに古い風合いをかもす外観の和菓子店、"亀末広"。中に入れば、さらに古めかしい様子。ショーケースにはすすけた色合いの干菓子が並ぶ。まさしく老舗のわび・さびであるかな

食べログ
posted by nyony at 12:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味わいの手ぬぐい屋

【2010京都】#15
幸株式会社
10.1229saiwai1.jpg
10.1229saiwai2.jpg
★★★☆☆

 烏丸御池辺りを徘徊中に見つけた手ぬぐい屋、幸(みゆき)株式会社。さりげなく展示されている、オリジナル柄と思しき、手ぬぐいの数々。風流を感じる店

official
posted by nyony at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格式の店、和久傳の路面店

【2010京都】#14
紫野和久傳 堺町店
10.1229waku1.jpg
10.1229waku2.jpg
★★★☆☆

 京都の格式ある料亭、"和久傳"系列のテイクアウト品揃えた路面店。町家造りのシックな外観
 2階に和式カフェがあり、奥には料亭があると。ショーケースに宝石の様に飾られた菓子類、ちりめん山椒などの加工食。
 うち「古の実 くるみ」を調達するも、高級ゆえにもったいなくてなかなか試せない

official
posted by nyony at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

京都の朝のイノダコーヒ

【2010京都】#13
イノダコーヒ
10.1228inoda1.jpg
10.1228inoda2.jpg
10.1228inoda3.jpg
★★★★☆

 京都のメージャーコーヒーチェーン、"イノダコーヒ"。本店は四条烏丸から近い住宅街にある。以前にも1回来たことがあるが広い店内で居心地のいい空間。禁煙ブースは少々狭い。朝食セット「京の朝食」はスクランブルエッグ、ハム、ポテトサラなどの野菜にクロワッサン、オレンジジュース、コーヒーorティーで1050円。オーソドックスな内容だけど満足感ある内容。地元の常連に観光客風、親子連れなどと客層多彩な朝時間帯。クルミ入りのケーキも美味

official

食べログ
posted by nyony at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

至って家庭料理な居酒屋

【2010京都】#12
太郎屋
10.1227tarou1.jpg
10.1227tarou2.jpg
10.1227tarou3.jpg
10.1227tarou4.jpg★★★☆☆

 1日めの締めに再度、居酒屋。四条西洞院あたりにある、"太郎屋"。こじんまりとした、しかし奥に座敷があり、2階もありそうなので、結構キャパはあるか。店の人らは割と若者らで仕切られてる。カウンターに大皿。しかし時間も遅く、中身は少ない。京都らしい物を狙う。そんな雰囲気の物もあるががあまりそういったモノでない。お姉さんがたが寄り添って作った数々のおかず。これぞ「おばんざい」である。素人は「おばんざい」に軽い幻想を抱くだろうが、何のことはない「おばんざい」とは「おかず」のことであり、それ以上のモノはない。にんじんとごぼうの天プラでは、京ごぼうが太いの知る

食べログ
posted by nyony at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タダモノならぬ本屋

【2010京都】#11
恵文社 一乗寺店
10.1227keibun1.jpg★★★★☆

 四条河原町から懸案だった本屋見物に行くためバスで北上。「一乗寺下り松」バス停はぎりぎりでバスの一日券エリア外だった。そして目指す本屋、"恵文社"はバス停からはいささか遠し。しかし辿り着いて中を徘徊するすれば何とも魅惑の並び、飾り付けなので、驚く。これで、イスなどくつろぎスペースがあろうものなら、軽く一日は過ごせそうな充実したラインナップである。本屋といえど、ギャラリーのよな展示スタイルで、奥まった部分にはインテリアグッズ、作品展示などもされていて、程々アーティスティックな空間演出がされている。噂には聞いていたが、タダモノならぬ本屋

official
posted by nyony at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなどるなかれ千枚漬

【2010京都】#10
村上重本店
10.1227murakamijyu1.jpg
10.1227murakamijyu2.jpg
★★★☆☆

 四条河原町辺りの繁華街にひっそりと、しかしたいそう重厚な作りの漬け物屋、"村上重本店"。店内に漬け物がずらり展示、配送受付カウンターなど。自宅に送って試せば、名品「千枚漬」、これまで味わったことのない何とも味わいのある漬物。京野菜の聖護院かぶらを独特の製法でつけ込んだものと。天保年間(1830〜1843)宮中に供したのが始まりで今に受け継ぐと。老舗のグレイトな味

official

食べログ
posted by nyony at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

観光仕様のよそよそしさ

【2010京都】#9
先斗町
10.1226ponto.jpg★★★☆☆

 祇園側から鴨川を隔てた繁華街、先斗町(ぽんとちょう)。細道に日本家屋の飲食店、お茶屋さん?が連なり、石畳の通りが雨に濡れ、これまた風情ある通り。
 三条側から四条方向に下る。雨が降り、時間も早めゆえか、行き交う客は外人含め観光客がほとんど。風情はあるのだが、どこかテーマパークのようでよそよそしい。

先斗町のれん会
posted by nyony at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名物女将のいる地元居酒屋

【2010京都】#8
伏見
10.1226husimi1.jpg
10.1226husimi2.jpg
10.1226husimi3.jpg
10.1226husimi4.jpg★★★☆☆

 京都の夜、目当てだったとある居酒屋が満席でふられ、祇園を上がり三条通り沿いの"伏見"へ。こってりと地元仕様の居酒屋なので、入るのに勇気いるが入ってしまえば何のことはない普通のカウンタータイプの居酒屋。味のある女将さんがせわしなく場を仕切りバイト風の兄さんがこまめに客をさばく。肴は魚主体で旬の物が一皿にボリューム多めで揃い満足感あるメニュー。ビールは生はなく、サッポロラガー。早い時間に入り常連さんが続々入ってくるのをみて過ごす。観光客風情には完全アゥエーとなるが、アットホームで雰囲気良し

食べログ
posted by nyony at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園の雅な風情

【2010京都】#7
祇園界隈
10.1226gion1.jpg
10.1226gion2.jpg
10.1226gion3.jpg★★★☆☆

 京都の風情を集積した様な町並みが揃う祇園界隈。夜な夜な宴が繰り広げられる茶屋が並び、昼間通れば、時折三味線の音など聞こえ風流。しかしポッと来たよな観光客には敷居が高い雰囲気かもす。

京都祇園観光案内
posted by nyony at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

アーティスト集積路地

【2010京都】#6
あじき路地
10.1225a1.jpg
10.1225a2.jpg
★★★☆☆

 京都、路地めぐりでは、特に工芸などの若手アーティストが集積した長屋があることで知られる所。店頭販売は土日営業のため、平日では店内を見れない。しかしたたずまいは見事な町家造り
 カバンなどの革工房、照明、手作りパン屋などある

official
posted by nyony at 12:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南座向かい丹波屋のだんご

【2010京都】#5
丹波屋 四条南座前店
10.1225tanba1.jpg
10.1225tanba2.jpg
★★★☆☆

 南座観劇。歌舞伎は昼の部だったので、昼飯は館内の弁当を調達しようとしたのだけど、高額にて断念し、近くをうろついていて発見しただんご屋、"丹波屋"。関西圏では相当店舗数の多いチェーン店と聞く。おはぎがメインらしいが、店頭で熱々に焼かれた「天焼」という名のあんこ入りだんごと、みそだんごを調達。もっちりとボリューム感ある味わいのだんご達

official

食べログ
posted by nyony at 12:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌舞伎発祥の地、南座

【2010京都】#4
南座
10.1225minami1.jpg
10.1225minami2.jpg
10.1225minami3.jpg
★★★☆☆

 南座にて歌舞伎観劇。京都、冬の風物詩、顔見世興行。海老蔵休演で話題になり代役担った仁左衛門、愛之助それぞれ好評を博し公演中。
 →観劇内容は別記事

 南座は、豊臣秀吉統治の頃、出雲の阿国がかぶき踊りをし始め歌舞伎が発祥した四条河原に所在。江戸時代、芝居小屋はここいらに7座あったらしいが、明治時代までに北座、南座が残り、のちに北座が廃絶しこの南座が唯一残ったと。
 外観古めかしく趣きある和風建築。中も壮観だが、こちらは最近改装したであろうすすけた感じなくキレイな内観

official
posted by nyony at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

錦小路にて庶民感覚

【2010京都】#3
錦小路
10.1224nishiki1.jpg
10.1224nishiki2.jpg
10.1224nishiki3.jpg★★★☆☆

 図子めぐりとは違うが、南座までの歩きで"錦小路"を使う。京都随一の食系買い物ストリート。朝時間帯ゆえに開店前の準備作業の店が多かった。観光向けだが、通常の地元の人も使っているであろう庶民感覚もある。漬け物屋やら卵焼き、練り物、魚焼き、和菓子などなど。京野菜、黒豆の専門店らしき店もあり郷土の色がそこかしこでうかがえる

official
posted by nyony at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | hokuriku-kansai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。